映画「銀魂」不可能と言われた実写化。キャストのビジュアル再現率の高さが高評価

映画「銀魂」不可能と言われた実写化。キャストのビジュアル再現率の高さが高評価

作品情報

原作は、「週刊少年ジャンプ」に2003年から連載されている同名の人気コミック。本作では、原作の「カブト狩り編」と「紅桜篇」がベースとなったストーリが展開される。監督は、『勇者ヨシヒコシリーズ』や映画『HK変態仮面』などコメディ作品に定評がある、福田雄一監督。銀魂の実写化に難色を示してきた原作者の空知英秋さん。今回、「福田さんが撮るなら」と実写化のオファーを受け実現。

あらすじ

時は幕末、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受け、幕府は開国を余儀なくされる。天人によって文明が発達した江戸・かぶき町で、便利屋「万事屋銀ちゃん」を営む、坂田銀時(小栗旬)。普段は無気力でだらしなく適当だが、かつては「白夜叉」と恐れられた豪剣の攘夷志士。

ある日、カブト虫を取りに出かける万事屋のメンバー、銀時、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)。森の中でふんどし一丁でハチミツを全身に塗りたくり立っている、真選組局長の近藤勲(中村勘九郎)を始め、可笑しな格好をした真選組の面々に遭遇する。逃げた将軍のペットのカブト虫を追いかけ、万事屋メンバーと真選組が江戸の街を走り回り大騒動に。

一方、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)が、行方不明になってしまう―。

スタッフ・キャスト

監督・脚本 福田雄一
原作 空知英秋
出演者 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗武、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛、山寺宏一(声)、山田孝之(声)

独断と偏見の見どころ

美少女の無駄遣い

神楽役橋本環奈にMVPをあげたい(独断と偏見で)。「千年に一人の美少女」として話題になった橋本環奈ちゃん。本作では、ものすごく弾けています。あの可愛い顔で、白目をむいて鼻をほじるは、ゲロを吐くは、「シミつきパンツのー」と変な歌まで歌う。「全力で振り切ってやりました」と、インタビューで話されていましたが、その振り切れた演技は予想以上。「……アル」という神楽の独特な口調やイントネーションも、彼女のビジュアルや雰囲気にあっていて違和感がなくなっていく。ハナホジしても可愛い美少女でした。次回は、シリアスなサスペンスものなどで悪女を演じる橋本さんも見てみたいと思いました。

未来の人間国宝の無駄遣い

「未来の人間国宝が!」と共演者にもイジられていた中村勘九郎さん。全身にハチミツを塗っているシーンは、本物のハチミツを塗っているのだそうです。CGや代用品で色々できてしまう現代で、本物を塗っていたという役者魂がすごいですね(もちろん、キラキラと光る加工はされていますが)。一方、ここぞという見せ場シーンで、低音の声の響きと見得がキマるのは、やはり「未来の人間国宝」歌舞伎役者さん。それにしても、冒頭の人物紹介も兼ねた真選組の登場シーン、近藤役の中村さんから始まり、土方役柳楽優弥さん、沖田役の吉沢亮さん、皆さん出オチです。登場した瞬間に笑ってしまいます。

好きなセリフ

「にゃあにゃあ喧しいんだよ。発情期ですか。見ろコレ、テメエらがにゃんにゃん騒ぐから、俺のチョコレートパフェがこぼれちまったじゃねえかああ」(坂田銀時)

原作とは少しセリフが変わっていますが、銀時の初登場シーンでのセリフです。「……ですか(コノヤロー)」という、銀時を象徴する口調で、このセリフがググッと銀魂の世界に観客を惹き込みます。小栗旬さんの言い方も絶妙です。

ビジュアルの再現性と銀魂らしいイジリ

キャストのビジュアルが発表されると、映画公開前から話題になった本作。とにかく原作に忠実にビジュアルを再現している点が原作ファンからも評価が高かった理由ではないでしょうか。そして、公開前には、福田監督始め主要キャストの方が実写化を謝罪するという動画を流してみたり、映画の本編でもCGではなく着ぐるみで登場したオバQのような見た目のエリザベスを「実写化になると着ぐるみ感が否めない」と自虐的にイジッて見たりと、しっかり笑いに変えているところは、さすが福田監督ですね。

そして、ゲラゲラ笑っていた前半から、後半のアクションシーンへ。さすがにイケメン揃いの出演者達、そのビジュアルの完成度に、ふぅー、カッコいい! 三次元での「動き」がでることで、アクションシーンも迫力があるものになっています。今回、小栗さんの紹介で、アクション監督として韓国のチャン・ジェウク監督が参加。実写映画「ルパン三世」のアクションチームにも参加されていた方です。アクションシーンでは、岡田似蔵(新井浩文)と銀時が船の上で戦うシーンで、妖刀紅桜の上に銀時が乗るシーンが好きです。絵になりますね。ただ、その傍らで大声で実況している鉄夫(安田顕)が気になってしょうがない。(笑)

そして、武市(佐藤二朗)と新八(菅田将暉)の戦闘?シーンは、必見(必笑)です。

銀魂の主題歌

主題歌? 「パッション 」

小栗旬さんが歌う「パッション」。のっけから、吹きました。GTOっぽいオープニング映像に、反町隆史さんの「POISON」っぽいメロディ。小栗さんは、GTOに生徒役で出演されていました。現在は184cmと長身の小栗さん。当時は、まだ16歳くらいだと思いますが、背が低くて細い、いじめられっ子の吉川のぼる役でした。そういえば、ふんどしではなく、パンツ一丁になるシーンがありましたね。
「POISON」のパロディ「パッション」は、映画のエンディングでも長めのバージョンが流れます。CD発売して欲しかった(笑)。歌詞だけご紹介します。歌は映画を観て聴いてください。

「パッション」歌詞
天人がはびこる この江戸の町で ひとり
今夜も 探してる 俺の生きる場所 ウォウォー
魂を抜かれた人混み かき分けて
まるで野良犬のようにさ トゥナイト
時には牙を剥いて戦うんだ さあ パッション
自由に生きる夢を共に語るんだ さあ パッション

本当の主題歌

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVERworld ウーバーワールド / DECIDED 【CD Maxi】
価格:1197円(税込、送料別) (2018/9/4時点)

 

関連情報:オリジナルドラマ「ミツバ編」は泣ける!?

dTVオリジナルドラマとして配信された「ミツバ編」。銀時役の小栗旬さんを始め、中村勘九郎さんや、柳楽優弥さん、吉沢亮さん真選組のメンバーも、映画のキャストがそのまま登場します。「ミツバ編」はファンの中でも”泣ける”として人気が高いエピソード。ギャクパートもありますが、恋愛要素も絡み切ない話になっています。原作や映画を観ていない方でも、銀魂の世界を楽しめると思います。