映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」音楽と共に蘇る青春。笑って泣いてカラオケに行きたい

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」音楽と共に蘇る青春。笑って泣いてカラオケに行きたい

作品紹介

日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を、物語の舞台を90年代コギャルブーム全盛期の日本に移しリメイク。90年代珠玉のJ-POPヒットソングの乗せて、まさに平成最後の夏に相応しい笑って泣ける青春映画。監督は、「バクマン」「モテキ」の大根仁監督。そして音楽を、90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。
泣いて、笑って、泣いて、笑って。絶対にカラオケに行きたくなる作品です。

キャスト・スタッフ

監督・脚本:大根仁
出演者:篠原涼子(奈美)、広瀬すず(奈美-高校生時代)、小池栄子(裕子)、ともさかりえ(心)、渡辺直美(梅)、池田エライザ(奈々)、山本舞香(芹香-高校生時代)、野田美桜(裕子-高校生時代)、田辺桃子(心-高校生時代)、富田望生(梅-高校生時代)、三浦春馬(藤井渉)、リリー・フランキー(中川)、板谷由夏(芹香)、新井浩文(新井)、矢本悠馬(梅の兄)

あらすじ

日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンにおかされていた……。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」
芹香の願いをかなえるため、奈美が動き出す。
裕子、心、梅、そして奈々……、かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?
夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる物語は、ラスト「強い気持ち」と「強い愛」によって、予想もしなかった感動を巻き起こす!!(公式HPより)

Toko point感想・見どころ

平成のヒットソングたちと小室哲哉最後の映画音楽

一番の見どころは音楽なんではないか、とまでは言いませんが、音楽無しでは語れない本作。TKサウンドとして90年代のヒットチャートを席巻した小室哲哉、この人以外にこの映画の音楽担当に相応しい人はいないと思います。そして、主題歌ともなっている小沢健二さんの「強い気持ち・強い愛」、安室奈美恵さんの「SWEET 19 BLUES」をはじめとする挿入歌の選曲も素晴らしいです。

SONGS

SWEET 19 BLUES(安室奈美恵)
やさしい気持ち(Chara)
僕たちの失敗(森田童子)
強い気持ち・強い愛(小沢健二)
Survival dAnce(TRF)
Don’t Wonna cry(安室奈美恵)
そばかす(JUDY AND MARY)
LA・LA・LA LOVE SONG(久保田利伸)
EZ DO DANCE(trf)
これが私の生きる道(PUFFY)
CANDY GIRL(hitomi)

あの頃の曲って、ちょうど世代というのもありますが、曲が流れると口ずさめるものばかり。きっと、その世代でなくても、一度は聴いたことがある曲が多いのではないかと思います。

欲を言えば、ドリカム、B’z、ミスチルもいれて欲しかったですが、上げ出したらキリがないです。それもあって、鑑賞後、絶対カラオケに行きたくなりますよ。

安室奈美恵さんが最後のライブを終え、引退する日を迎えました。そして、小室哲哉さんも本映画音楽を最後の仕事として引退を表明されています。こんなタイミングでこの映画が公開されたのも、何か感慨深いものがあります。また、今年の4月に森田童子さんが亡くなりました。しかし、彼らの素晴らしい音楽は色褪せることなく、世代も時代も飛び越えて、また、新たな感動を生み出してくれると思います。

オリジナル韓国版の「SUNNY 永遠の仲間たち」

オリジナルの韓国版サニーもとても大好きな作品です。私は、動画配信サイトで観たのですが、同じく韓国映画の「親切なクムジャさん」という復讐ものを観て、もの凄く怖くなった後に、この韓国版「サニー」を観てすごくほっとしたのを覚えています。「親切なクムジャさん」は、パク・チャヌク監督の復讐三部作の最終作で、とても見ごたえのある面白い映画なんですが、もの凄く痛くて怖いんです。このままじゃ眠れないと思って観たのが「SUNNY」でした。

主役のイム・ナミを演じたユ・ホジョンさんもとても綺麗な上品な雰囲気のある女優さんです。80年代の韓国では学生運動があったりと、時代が違うこともありますが、学生時代のテーマ性やメッセージ性が韓国版の方がより深く描かれていると思います。韓国版もとてもおすすめです。

韓国版では80年代を舞台としていますので、今回の日本版ではもちろん時代や国の違いはありますが、このシーンの残して欲しいなと思っていたシーンも使われていて、ほぼ再現されていました。これからベトナム版、アメリカ版も公開される予定があるそうです。そちらも楽しみにしたいと思います。

「Sunny 永遠の仲間たち」

オリジナル韓国版の「Sunny」は、HuludTVなどの動画配信サイトで、視聴できます。

hulu dTV

※本作品の配信情報は2018年9月17日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各サービスのホームページもしくはアプリをご確認ください

とにかく懐かしい!90年代を細部まで再現するアイテムたち

30代~40代の皆様には、うわ、写ルンです!ポケベル!プリクラにポスカ!と懐かしいアイテムたち。
と、ここまでは、90年代描くなら想定内としても、とくに注目(?)して欲しいのは、そのもっと細部までこだわられていること。さりげなく高校生メンバーの彼女たちが食べているのは、「コアラのマーチ」「アーモンドチョコ」や「キャベツ太郎」(多分)。今もありますが、当時流行ったお菓子たちです。私は気付かなかったのですが、ファンタのロゴも古いらしいです。こんなこだわりのアイテムを探してみるもの楽しいかもしれませんね。

さて、一方であの時代の日本の女子高生が、みんなコギャルだったかというとそうではないので、東京(特に渋谷)中心に象徴的にしたという印象はあります。ルーズソックスは履いてたし、プリクラは撮ったりしてたけど、あそこまでコギャルじゃなかったなんて方も多いんじゃないでしょうか。私も関東近郊出身で、ど真ん中ではないので、自分と重ねるというよりもコギャル文化を懐かしく思いだしました。

ロン毛の三浦春馬

これも見どころです!奈美たち女子高校生にフォーカスされている映画なので男子の存在は薄いです。しかし、高校生時代の奈美が恋する藤井渉を演じる三浦春馬さんが、ロン毛を掻き分けながらイケメンオーラ全開で登場したとき、映画館で歓声というか微かに笑いが起きました。いや、バカにしてとかではなくて、「あー、そうそうコレコレ、待ってました!」っていう感じです。あの時代の流行りの一つである男性のロン毛。木村拓哉さん、江口洋介さん、竹野内豊さん……。皆、ロン毛でしたね。

大人サニーと高校生サニーのキャストが見事

今回、キャストがとてもいいです。大人時代を演じる女優さんと高校生時代を演じる女優さんがどことなく雰囲気が似ていて、ストーリーが現在と過去を行き来しても、違和感なくすっと入り込めます。広瀬すずさんや山本舞香さんのコギャル姿もすごく可愛らしいです。広瀬すずさんは、可愛いだけではなく、田舎から出てきた奈美のちょっと鈍くさくてダサくて、ズレてる感じもよく出ていました。そしてはっちゃけっぷりも可愛いです。山本舞香さんは、リーダー的存在の芹香を演じられていることもありますが、格好いい芯の通った感じがよく似合います。

そして、篠原涼子さん演じる大人時代の奈美が現在の渉に会いに行くシーンと、高校生時代の奈美(広瀬すず)が渉に失恋するシーンが重なって、安室さんのSWEET 19 BLUESがかかるという場面は、セリフが殆どないのに、両方の時代の奈美の気持ちが伝わってきて素敵なシーンでした。

青春時代と生きる

たとえ違う世代でそのアイテムやファッションは違っても、大人として社会に出る前の、あの学生の頃の独特の空気感ってどこか似かよった感じがあると思います。そして、一度、深く仲良くなった友人は、何年も会っていなくても、不思議なもので、会うとタイムスリップしたかのように、違和感なくすっと昔に戻れようなことがあります。青春時代は、もう二度と戻らない時間ではありますが、忘れていた気持ちを思い出すと、ほんの少しだけかもしれないけど、今を生きる力になるかもしれません。そんな元気を貰える映画でした。

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」観るには

おすすめ動画配信

ビデオパス U-NEXT

   邦画

その他  Amazon Prime Video

※本作品の配信情報は2019年7月17日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各ホームページもしくはアプリをご確認ください。

DVD/Blu-ray情報