ライフ

  1. 辻村深月を読む-この順番で読めばより楽しめる、おすすめ10作品

    辻村深月を読む もう何年も前になりますが、辻村深月の「冷たい校舎の時が止まる」が面白いとうい評判を聞き、本屋さんへ行きました。その本屋さんには、小さいながらも辻村深月作品が集められた棚があって、可愛い手作りのポップが貼られていました。明らかに店員さんの手書きと思われる可愛いけど力強い文字で、『この順番で読まないと後悔します!』と、そのポップには、読むべき順番が記されていました。そして、「まずは『凍 […]

  2. 映画「銀魂」不可能と言われた実写化。キャストのビジュアル再現率の高さが高評価

    作品情報 原作は、「週刊少年ジャンプ」に2003年から連載されている同名の人気コミック。本作では、原作の「カブト狩り編」と「紅桜篇」がベースとなったストーリが展開される。監督は、『勇者ヨシヒコシリーズ』や映画『HK変態仮面』などコメディ作品に定評がある、福田雄一監督。銀魂の実写化に難色を示してきた原作者の空知英秋さん。今回、「福田さんが撮るなら」と実写化のオファーを受け実現。 銀魂 [ 小栗旬 ] […]

  3. 映画「岳」山岳遭難救助を舞台に、命の大切さと人の優しさを感じて

    作品紹介 原作は、石塚真一による山岳救助を題材とした漫画「岳 みんなの山」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)。マンガ大賞2008、第54回小学館漫画賞一般向け部門、第16回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞している。 岳(1) (ビッグコミックス) [ 石塚真一 ]     キャスト・スタッフ 【原作】石塚真一 【監督】片山 修 【脚本】吉田智子 【出演者】小栗旬 […]

  4. 映画「ミックス。」とにかく可愛い新垣結衣と個性的な役を演じた女優陣

    2018年10月、卓球の愛ちゃんこと、福原愛選手が引退を表明されました。結婚、出産を経て、すっかり大人の女性へと成長された愛ちゃん。小さいころに卓球台からやっと顔を出すような可愛らしい姿がテレビで紹介され、それからずっと天才卓球少女として注目されてきました。そのためか、その成長を見守ってきた母のような気持ちになります。「選手としてやり切った」という彼女の言葉をきけたことが嬉しいですね。本当にお疲れ […]

  5. 配信ドラマ「銀魂2-世にも奇妙な銀魂ちゃん-」ギャグエピソード3連発が面白過ぎて眠れないアル

    作品紹介 dTVで独占配信されているオリジナルドラマ、2018年の新作3本です。 動画配信サービスでしか公開できないんだろうな……と思うようなギリギリの内容です。 ストーリーテラーを担当するのは、松平片栗虎役の堤真一。『世にも奇妙な物語』のタモさんを意識してるのかしてないのか、とにかく前説だけで笑えます。 エピソード1「眠れないアル篇」 原作:第二百三十七訓/アニメ:第153話 「寝る子は育つ」 […]

  6. 映画「銀魂2」笑いっぱなしで大正解

    映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」 映画「銀魂2」見てきました! 作品情報 原作は、「週刊少年ジャンプ」に2003年から連載されている同名の人気コミック。2017年の実写邦画第一位となった「銀魂」の続編。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」をミックスしたストーリーが展開される。 あらすじ 時は幕末、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受け、幕府は開国を余儀なくされた。天人によって文明 […]

  7. 映画「響」本物の天才に出逢ったとき、人は自分の進むべき道が見えるのかも

    作品紹介 原作は、「マンガ大賞2017」大賞を受賞した、柳本光晴による人気コミック「響 ~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載)。圧倒的な才能を持つ女子高生作家を軸に、彼女に翻弄される周囲の人々の心の葛藤を描いたヒューマンドラマ。主人公・響を演じるのは映画初主演となる平手友梨奈(欅坂46)。そして脇を固めるのは、北川景子、小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥、吉田栄作といった超豪華 […]

  8. 映画「コーヒーが冷めないうちに」4回泣けた?

    「あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか? 4回泣けますー」 というキャッチに釣られて、観てきました。 作品情報 原作は、泣けると話題になり、2017年に本屋大賞にもノミネートされた小説「コーヒーが冷めないうちに」。舞台の脚本家兼、演出家である川口俊和の小説デビュー作となる本作が、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともに、有村架純主演で映画化。望むどおりの時間に戻れるという不思議な […]

  9. 映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」音楽と共に蘇る青春。笑って泣いてカラオケに行きたい

    作品紹介 日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を、物語の舞台を90年代コギャルブーム全盛期の日本に移しリメイク。90年代珠玉のJ-POPヒットソングの乗せて、まさに平成最後の夏に相応しい笑って泣ける青春映画。監督は、「バクマン」「モテキ」の大根仁監督。そして音楽を、90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。 泣いて、笑って、泣いて、笑って。絶対にカラオケに行きたくなる作品です。 […]

  10. 映画「友罪」考えさせられる。でもその答えは見つからない。

    「心を許した友は、あの少年Aだった」という衝撃的なキャッチコピー。誰もが思い出すあの事件。あの時感じた恐怖や言い表し難い気持ちの悪さを一瞬にして思い出した。この映画は何を伝えたいのだろう……と興味を持った作品。 本作の原作は、「神戸連続児童殺傷事件」から着想を得た、薬丸岳による同名小説。単に事件のその後を連想させるのではなく、罪を犯した人間がどう生きていくのか、また、罪を犯 […]