楽天スーパーポイントの貯め方3:楽天ペイ/Edy編

楽天スーパーポイントは、楽天ペイや楽天Edyを利用しても貯まります。本記事では、キャッシュレス化が進む昨今、楽天ペイ/Edyを使った楽天スーパーポイントの二重取りなどポイントを貯めるコツをご紹介します。

楽天ペイをつかう

5%ポイント還元キャンペーンにエントリー

5%のキャッシュレス還元が始まりました。経済産業省が進めているキャッシュレス消費者還元事業の対象店舗は、中小・小規模事業者が経営する店舗(フランチャイズチェーンの場合還元率2%)となります。しかし、楽天ペイは、現在キャンペーン中で、その他の大手コンビニやドラックストアなど、どこの店舗であっても5%ポイント還元されます。キャンペーンにはエントリーが必要なため、忘れずにエントリーしましょう。

https://pay.rakuten.co.jp より

 

ポイントで支払った分もポイント還元される

楽天ペイでは、貯めた楽天スーパーポイントを1ポイント1円で使うことができます。ポイントを使った場合も、ポイントが還元されます。

例えば1,000円の買い物を楽天ペイで支払い、そのうちの500円分をポイントで払ったとします。還元されるポイントは1,000円の5%で、50ポイントとなります。

また、楽天ペイでは期間限定ポイントも使えるので、有効期限が来る前に無駄なく使ってしまうことができます。

期間限定ポイントとは

特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれに有効期限があり、有効期限を過ぎると自動的に失効します。ポイント投資には使えません。せっかく貯めたポイントなので有効に使いたいですね。

ネットショッピングでもポイントゲット

提携サイトでのお買い物でも、原則、税込金額に対して1%の楽天スーパーポイントが付与されます。さらにポイントを利用することもできます。楽天のIDを使うことができるので、クレジットカード番号などの個人情報を新たに入力する必要がないのもいいですね。

楽天カードでさらに1%還元

楽天ペイの支払い元に楽天カードを設定します。そうすることで楽天ペイで獲得できるポイントとは別に、楽天カードのポイントも貯まります。楽天スーパーポイントを最大限貯めるためには、持っておいた方がよいかと思います。楽天カードに新規で入会すると2,000ポイントがプレゼントされます。さらに、カードを利用すれば+3000ポイントをゲット。合計5,000ポイントが貰えます。

\ 楽天カードの公式サイトはこちら /

楽天ポイントカード加盟店ならさらにポイント還元

楽天ペイで支払う前にポイントカードを提示すれば、ポイントの二重取りができます。(お店によってポイントの還元率が異なります)

例えば、1000円のお買い物をポイントカードの提示で100円で1ポイント貯まるお店でしたら……、合計で70ポイントが還元されることになります。

ポイントカード 1%還元 10ポイント
楽天ペイ 5%還元 50ポイント
楽天カード 1%還元 10ポイント
合計 70ポイント

 

 

映画を観るときも楽天ペイ

TOHOシネマズ、109シネマズ、ユナイテッド・シネマなどのネットでチケットを購入する場合やネットでムビチケを購入する場合に、楽天ペイ支払いを選択することで、楽天スーパーポイントを貯める・使うことができます。

【楽天ポイント】期間限定ポイントの使い道:映画館で映画を観よう

楽天Edyをつかう

楽天Edyとは、前払い式の電子マネーです。楽天市場や全国のコンビニエンスストア等、全国50万カ所以上の加盟店で使えます。Edy機能付き楽天カードやおサイフケータイ、iPhoneアプリなどで利用できます。 購入金額の0.5%がポイント還元されます。店舗によってポイントアップされるキャンペーンが実施されているので忘れずにエントリーしましょう。

Edyチャージは楽天カードでポイントゲット

Edyのチャージは現金でもできますが、楽天カードからのチャージにすれば、楽天ポイントが200円で1ポイント貯まります。つまり、Edyの利用分(0.5%)+楽天カードチャージ分(0.5%)で、1%のポイント還元になります。

また、楽天ポイントをEdyにチャージすることも可能です。

楽天スーパーポイントの貯め方4:本・旅行・暮らし編」に続きます。