楽天ポイントの貯め方・使い方:年間10万ポイント貯めた方法

楽天ポイントの貯め方・使い方:年間10万ポイント貯めた方法

楽天スーパーポイントを上手に貯める方法は色々とありますが、私が実践していることを中心に紹介したいと思います。 ポイントのために出費を増やしてしまっては本末転倒。基本的に節約をしながらポイントを貯めています。

「楽天スーパーポイントは貯まりやすい」と耳にすることがあるかもしれませんが、本当に貯まりやすいです。楽天スーパーポイントを本格的に貯め始めたのは、2018年です。2017年には年間に数百ポイントでしたが、2018年は年間に10万ポイント以上を貯めることができました。

勿論、高額なお買い物をしたわけでも、出費が物凄く増えたわけでもありません。以前は、クレジット会社のポイント、各種ポイントカード、ショッピングサイトのポイントなどを別々に貯めて、たまに航空会社マイルやギフト券に変えて何となく得した気分になっていましたが、ポイントが分散してしまっているし、還元率も悪い。そこで色々調べた結果、行きついたのが楽天経済圏でした。

楽天経済圏とは?

楽天には沢山のサービスがあります。楽天市場、楽天銀行、楽天証券、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天カード、楽天Pay、楽天TV、楽天KOBO、楽天レシピ、楽天保険、楽天でんき……。楽天会員は共通のIDで、これら これら多種多様なサービスを利用でき、「楽天スーパーポイント」を買い物やサービス利用時に貯めたり、使ったりすることができます。このループにグルグルとはまることを「楽天経済圏に取り込まれる」というらしいです。

私も複数のサービスを利用しています。しかし、全てというわけでもありません。ポイントを貯めるのに絶対おすすめとされている楽天モバイルには、まだ乗り換えていません。現在の生活スタイルで無理のないところを楽天サービスを利用するように変えるだけでも10万ポイントは貯まります。

楽天スーパーポイントの基本

通常ポイントと期間限定ポイントがある

通常ポイント

通常ポイントの有効期間は1年間です。ただし、新しく通常ポイントを獲得すると、その月を含め1年間有効期間が延長されます。つまり、ポイントを獲得するたびに使える期間が自動的に延びます。

期間限定ポイント

期間限定ポイントは、 お買い物 キャンペーンなどのボーナスとして得られる ポイントです。期間限定ポイントには、有効期限がありキャンペーンごとに有効期限が異なります。

 

楽天スーパーポイントをより効率よく貯める基本

楽天スーパーポイントを効率よく貯めるための基本的な考え方は、①買い物をする場所と、②支払い方法、そして③タイミングに気をつけることです。これだけで、同じ金額の買い物でもポイントは、2倍、3倍、10倍、20倍……と変わってきます。

お買い物をする場所

とにかく楽天市場で買えるものは楽天市場で買う。楽天市場アプリを使えばさらにお得にポイントが貯まります。同じ商品でもショップによって、ポイントアップになっている場合もあります。ブラントの公式のオンラインショップで買うときも、楽天Rebatesを経由すればポイントを獲得することができます。

支払い方法

ネットでも実店舗でも、どこで買い物をするにしても、楽天カードか、楽天ペイ、楽天Edyで払う。消費税増税にともないキャッシュレス払いでのポイント還元が話題になっていますが、今や現金で払うのが一番もったいないです。どうしても現金で払わなくてはならない場合以外は、できるだけ楽天カードや楽天ペイを使います。

タイミング

恋愛も買い物もタイミングが大事。楽天市場では、毎月のようにセールやお買い物マラソンと呼ばれるキャンペーン期間があります。このキャンペーン以外にも、毎月5、0のつく日は、クレジットカードのポイントが+2倍になるなど、ポイントアップになる「タイミング」があります。緊急で必要なもの以外は、このようなポイントアップになるタイミングで購入することでより効率的にポイントが貯まります。購入するまでに「本当に必要か」と考え直すこともできるし、買い物のタイミングを決めることは、無駄遣いを減らすことにも役立つように思います。

貯まった楽天ポイントの使い道

貯まったポイントは、1ポイント1円としてお金と同じように、楽天市場でのお買い物につかったり、楽天モバイルや楽天ビューティなどのサービスの支払いにつかったりできます。楽天証券で投資にもポイントが使えます。投資信託や株をポイントで買うことができるので、資産として運用し、さらに増やしていくことが可能です。

ポイント投資を1年間してみた結果はこちら。

楽天ポイントで投資してみた|1年間の運用結果

楽天ポイントをザクザクお得に貯める10の方法

それでは具体的なポイントの貯め方です。繰り返しになりますが、出費は増やさないで、普段の生活の中で、むしろ節約をしながらポイントを貯める方法になります。

  1. 楽天カードに支払いを集約させる(基礎編
    ・公共料金・税金をクレジットカードで払う
    ・ポイントを二重取りするコツ
  2. 楽天市場で買い物する(基礎編
    ・日用品・常備品をまとめ買い
    ・買い物のタイミングはポイントアップを狙う
    ・ふるさと納税も楽天市場で
    楽天スーパーポイントの貯め方1:基本編
  3. 楽天銀行をメインバンクにする(金融サービス編
  4. 楽天証券で投資をする(金融サービス編
    楽天スーパーポイントの貯め方2:金融サービス編
  5. 電子マネー/スマホ決済をつかう(楽天ペイ/Edy編
    [blogcard url=”https://ahahalife.net/life/rakuten-point-rakutenpay”]
  6. 楽天ブックスで本を買う。電子書籍は楽天KOBO(本・旅行・暮らし編
  7. 楽天トラベルで航空券・ホテルの予約をする(本・旅行・暮らし編
  8. 楽天デリバリーで出前をたのむ(本・旅行・暮らし編
  9. 楽天モバイルを使う(本・旅行・暮らし編
    楽天スーパーポイントの貯め方4:本・旅行・暮らし編
  10. 楽天ビューティから美容院・サロンの予約をする
    【楽天ポイント】期間限定ポイントの使い道:美容院・ネイル・まつげサロンの予約でつかう

 

番外編:お金を掛けずに貯める方法

楽天スーパーポイントの貯め方 番外編1:楽天レシピ楽天スーパーポイントの貯め方 番外編2:無料サービスで隙間時間にコツコツ貯める